ニュージーランドの教育制度

日本では、小学校6年間、中学校3年間の9年間が義務教育ですが、ニュージーランドでは6歳から16歳までの10年間が義務教育となっていて、5歳の誕生日から小学校の入学が許可されます。16歳の誕生日を過ぎると義務教育は終了、それ以降は任意となります。

なお、日本ではニュージーランドでは小学校、中学校、高校と入学するたびに1年生から始まりますが、ニュージーランドでは学年をYearと呼び、小学校から高校まで通しでYear1~Year13 と呼びます。

学校は4学期制になっていて、1月末から2月末に1学期が始まり、12月に4学期が終わります。4月、7月、9月にそれぞれ2週間のお休みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初等教育】

-Primary School(Year 1~Year 6/ 5歳から11歳)

日本の小学校にあたり、5歳から11歳までがPrimary Schoolになります。義務教育は6歳からですが、5歳の誕生日から入学が許可され、初等教育が開始されます。6歳の誕生日からでも可能で、そのため、ニュージーランドの小学校には入学式がありません。

 

 

【中等教育】

-Intermediate  School(Year 7~Year 8/ 12歳から13歳)

-Secondary  School(Year 1 – Year 6/ 14歳から18歳)

ニュージーランドには、日本の中学校・高校にあたる中等教育学校(Secondary School)が400校以上あり、幅広い科目から選択して学ぶことができます。ニュージーランドでは、小学校から高校までずっと通し番号(YEAR1~13)で読んでいます。日本の高校にあたる学年(Year 11-13 )では、NCEAという国内統一学力判定試験を受け、高校修了を証する国会の認定資格を得ることができます。留学生は受験が必須ではありませんが、NCEAでの好成績は就職の際にも有利であるほか、ニュージーランド国内および海外の大学の入学選考時にも考慮されます。多くの日本の大学でもその成績を認定しており、帰国子女枠で日本での進学を考えるなら受験をお勧めします。

 

特徴① 学生のレベル・能力・興味に基づいて個人プログラムが組まれる。

必須科目(英語・数学・理科)以外では、生徒が興味のある科目を選択し、完全に個人の時間割を組むシステムです。そのため、例えば、YEAR12に在籍しながら他の学年のYEAR11または13のものを受講することが可能です。

 

特徴② 公立・私立・ミッション系学校/男子校・女子校・共学  多様な選択肢があります。

ニュージーランドでは90%以上が公立校となります。私立は、宗教教育を重視し、校則やしつけが比較的厳しい傾向があります。ミッション系の学校では、キリスト教の教えがあらゆる場面で学校教育課程・システムに取り組まれています。一般的に、共学校よりは男子校・女子校がレベルも高く、規則等も厳しいことが多いです。それぞれ違いはありますが、すべての学校は政府の監督の下にありますので、どの学校でも一定水準以上の教育が受けられます。

 

特徴③ 日本では見られない様々な授業を提供しています。

言語 数学 理科 社会 技術・アート 体育
英語、外国語各種、ESOL(英語を母国語としない物のため英語集中コース) 統計学、微分・積分、応用数学、会計学 物理、生物、化学、理科 地理、歴史、社会、経済学、心理学 栄養学、被服、グラフィック、ホスピタリティー、コンピューター、印刷、音楽、ダンス、ドラマ、美術 保険体育、野外教育、健康人間学

 

【高等教育】

ニュージーランドには8つの国立総合大学があり、学士・修士・博士号および大学院レベルの学位が取得できます。
学位の水準は厳しく保たれ、世界的にも認知されています。また、国立ポリテクニックと工科大学は、全国21校あり、専門的職業訓練として、社会の即戦力として卒業してからすぐに活躍することができます。

 

Untitled4
ニュージーランドは、留学生が安心して生活できるように「留学生サポートのためのガイドライン(Code of Practice)」を設け、保護する取り組みを率先して行っています。詳しくはこちら⇒NZQA-CodeJapanese

•  留学生に正確かつ最新の総合的な情報を提供すること

•  責任のある留学生の募集を行うこと

•  留学生が支払った学費を保護すること

•  18歳未満の留学生には宿泊及び生活面で特別な配慮をすること

•  サポートサービスを提供すること

•  苦情窓口を設けること

•  留学及びホームステイ斡旋業者の営業に対する最低基準を設定すること