FAQ – よくある質問集 –

【高校留学 編】
質問1 高校留学を考えています。入学には何か条件がありますか?
回答 特にありません。NZは留学生への受け入れにとても積極的です。また各学校には英語クラスがあり、英語に自信がなくてもきちんと教えてくれますので、やる気があれば誰でも入学できます。
質問2. 高校留学に必要な書類は何かありますか?
回答: 各学校の申込用紙がありますので、まずは弊社にお問い合わせください。またビザ関連ページも一度ご覧ください。>>ビザ関連ページはこちら
質問3. 現在通っている日本の高校からの編入は可能ですか?
回答: 可能です。日本の学校から入手していただきたい書類などもありますので、お気軽にお問い合わせください。
質問4. 高校留学の費用は、年間でいくら位かかりますか?
回答: 公立校 約240万円・私立校 約400万円くらいになります。(授業費・滞在費を含みます)
※語学学校の場合は、一般英語のクラスの場合、1週間約3万円~4万5千円(授業料のみ)になります。
質問5. 日本の夏休みなどを利用して、短期での高校留学は可能ですか?
回答: 可能です。弊社は短期高校プログラム手配をしております。お気軽にお問い合わせください。
質問6. いつごろから留学の準備をすればよいですか?
回答: 学生ビザの手続きもありますので、余裕をもって2年~1年半前くらいから準備をされることをお勧めいたします。
質問7. 現在、英語が全く出来ませんが、大丈夫でしょうか?英検等の資格が必要でしょうか?
回答: 各現地校にはESLクラスという英語力に自信のない留学生英語用クラスがあります。また、高校入学前に語学学校での集中講座コースをご紹介することも可能です。
質問8. 学校を選ぶことは出来ますか?
回答: はい。選べます。弊社の学校リストをご覧ください。またリストに載っていない学校もありますので、お問い合わせください。
質問9. 留学生はどのような授業を受けることが出来ますか?
回答: 基本的には、ESL(留学生用の英語クラス)を中心として、数学・理科・社会などが必須科目になっていることが多いです。その他は選択科目となり(各学校で異なります)歴史・経済学・観光学・IT・音楽・アート・パフォーマンスアート・美術などがあります。
質問10. どの学校を選んだらよいかわかりません。何か基準はありますか?
回答: まずは、【公立・私立】【男子/女子校・共学】【街中心・田舎な】【ホームステイ・寮】などを考えてみてください。また、何か特別に勉強したいこと・興味があること・重要視していることなどをお知らせください。弊社専門スタッフが学校リストを送らせて頂きます。

▲ページトップへ戻る

【大学留学】
質問1. 日本の大学から、ニュージーランドの大学への編入は可能ですか?
回答: はい、可能です。まずは日本の大学にお問い合わせください。単位認定資格がある場合、英文成績書が必要になりますので、日本の大学で準備をしてもらってください。ニュージーランドの大学へ編入される場合は、各ニュージーランドの大学での基準があります。

▲ページトップへ戻る

【親子留学 編】
質問1. 親子留学とは何ですか?
回答: NZでは13歳以下の学生には保護者同伴での留学が決められています。その場合、お子様の在籍期間と同じ期間の保護者ビザが取得でき、お子様と一緒にNZへ滞在していただくことができます。
質問2. 親子留学をする場合、親は何ビザが必要となりますか?
回答: 13歳以下の場合はガーディアンシップビザが必要になります。

▲ページトップへ戻る

【語学留学 編】
質問1. 語学学校で資格はとれますか?
回答: はい、取れます。バリスタや英語の先生になるための資格など弊社がご紹介する語学学校詳細をご覧ください。
質問2. 語学学校の授業はどのようなものがありますか?
回答: 語学学校の授業は、文法・語彙を学ぶだけでなく、会話でのコミュニケーション力をを伸ばします。
また、豊富なアクティビティ(課外授業)で楽しみながら、英会話をすることで、どんどん英語力が伸びます。
コースは一般英語だけでなく、ビジネス英語、IELTSやTOEICなどの試験対策、その他、様々な英語コースがあります。
質問3. 語学学校に通う際、年齢の上限はありますか?
回答: 語学学校には、10代~60歳を超えるシニア世代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。何歳でも英語に挑戦したいという方を大歓迎する学校が多くありますので、お気軽に弊社専門スタッフまでお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る

【生活 編】
質問1. ホームステイ先は選べますか?
回答: ホームステイ先へのリクエストをすることは可能です。しかし、選択は各学校が皆さんのプロファイルに合ったホストを手配します。
質問2. 日本語を話せるスタッフの方は、学校に駐在していますか?
回答: 日本語クラスがある学校で、日本語を話せる教師・スタッフがいる学校はあります。
質問3. ホームステイ先や学校でインターネットは使えますか?
回答: インターネットはホストファミリーへの条件にはなっていません。しかし、各自でインターネットを契約していただくことは可能です。
その場合は、必ずホストファミリーと話し合った上で、弊社専門スタッフへお聞きください。
語学学校には、無料WI-FIやPCルームでの無料インターネット使用の設備を整えている学校が多く有ります。語学学校選びの際に、ご希望をご連絡ください。
質問4. アルバイトは出来ますか?
回答: 通常の学生ビザですとアルバイトをすることはできません。まず、各学校からの許可をもらい、英語試験を受けた後に移民局への申請をすることができます。
ワーキングホリデービザをご利用で語学学校に通われる場合は、通学中もアルバイトは可能です。学生ビザをご利用で、語学学校に通われる場合は、
条件を満たしていれば、限られた時間内でアルバイトは可能になります。詳細は弊社専門スタッフへお問い合わせください。
質問5. 友達は出来ますか?
回答: 最初は一人で心細いかもしれませんが、みんな同じ思いです。待っているだけではなく、まずは笑顔で声をかけてみてください。
質問6. ホームステイ先の変更は出来ますか?
回答: 各学校のホームステイコーディネーターに相談してみてください。または、弊社専門スタッフへ相談してください。
質問7. 高校に寮はありますか?
回答: 寮がある学校とない学校があります。学校を選ばれる際に、寮希望をお知らせください。
質問8. アレルギーがあります。ホームステイ選択の際に考慮してもらえますか?
回答: はい、考慮されます。日本の医者からアレルギー診断書を英文で発行してもらってください。
質問9. ホームステイの基準を教えて下さい。
回答: NZでは「留学生の生活保障に関する服務規程」があります。この規定はニュージーランドに留学中の生徒・学生へのケアの基準を定めたものです。留学生が在籍する教育機関はどこでも、この規定に署名が義務付けられています。この規定の中にホームステイへの基準がありますので、詳しくは下記をご覧ください。
質問10. ホームステイや寮以外でアパートやホテルに住むことは出来ますか?
回答: 短期で語学学校に通われる場合で気兼ねがないホテルに滞在を希望されたり、長期留学でも最初の数週間ホテル滞在を希望される方も多くいらっしゃいます。お気軽に弊社スタッフまでお問い合わせください。また、語学学校に通われる成人の方は、最初の数ヶ月間、ホームステイや寮を利用されて、その後は、ご自身でアパートを借りられたり、フラットシェアと呼ばれる何人かでアパートの1室を借りて、共同生活を送る方がほとんどです。
質問11. ニュージーランドの物価はどれぐらいですか?
回答: ニュージーランドの物価は、日本とあまり変わりませんが、購入するものによっては、日本より高かったり、安かったりします。
<スーパー>
牛乳(1L):$2.50-$3.50    卵(6個):$2.50-$7.50
ミネラルウォーター(500ml)$1.50-$4.50
<外食>
コーヒー(カフェ) $3.00-$5.00    ピザ $5.00-$15.00
ランチ $10.00-$20.00   夕食 $25.00-$50.00
※上記は1例のため、購入時期、購入箇所により料金は変動しますので、ご了承ください。
質問12. ホームシックになった場合、どうしたらよいでしょうか?
回答: ホームシックは、特別なことではありません。ホストファミリーに話せることが出来るのでしたら、
皆さんのNZでの家族なので気持ちを話してみてください。または、皆さんと同じ経験がある弊社専門スタッフに気軽に話をしてください。
質問13. 急に病気になった場合、一時的に休学することは可能ですか?
回答: はい、できます。必要な手続きがありますので、弊社専門スタッフにお話ください。
質問14. 保険への加入は必要ですか?
回答: はい。海外保険へのご加入が義務になっています。
質問15. 何かサポートはありますか?
回答: 弊社ではMy留学サポートをおこなっておりますので、是非こちらをご覧ください。
質問16. ビザには何か条件がありますか?
回答: それぞれのビザには条件があります。是非こちらをご覧ください。

▲ページトップへ戻る

【留学後・その他】
質問1. 留学後、日本の大学への進学は難しいでしょうか?
回答: NZの大学卒業資格は世界中で認定されています。もちろん日本でも認定されていますし、近年ではNZでの高校卒業後に日本の大学進学者が多くなってきましたので、日本の大学もNZ高校卒業資格の認定基準を提示しています。詳しくは、各大学・弊社専門スタッフへお聞きください。
質問2. ニュージーランドの大学への進学は可能ですか?
回答: NZ大学への入学条件はYear 11-13 (高校1年~3年)での全国共通学力試験(NCEA)を受験します。この成績は大学への出願時に提出するものになります。
質問3. 大学留学後の就職は難しいでしょうか?
回答: 就職を日本を拠点とされるか、NZなのか、海外なのかにもよるとおもいますが、NZでの場合は大学在学中にインターンシップなどのサポートもあり、就職に繋がっていることも多いようです。

▲ページトップへ戻る